被災乗り越え「たたける喜び」 長沼こまち太鼓、演奏披露へ

有料会員記事
本番に向けて調整する長沼こまち太鼓のメンバー

 2019年の台風19号災害で被災した長野市長沼地区の女性らでつくる「長沼こまち太鼓」が12日、長野市街地を祭り屋台(山車)が巡行する「ながの祇園祭」で、太鼓の演奏を披露する。新型コロナ流行で被災後は地区外での演奏はほとんどなく、久しぶりの大舞台。メンバーは多くの人の協力や支えで太鼓を続けられている―との感謝の思いを胸に…

あわせて読みたい