精密プラスチック加工のエフプラスが新工場を稼働

有料会員記事
稼働を始めたエフプラスの新工場

■次世代型HVの電源コネクター量産

 精密プラスチック加工のエフプラス(下伊那郡松川町)が、新工場の稼働を始めた。既存の自動車部品の増産に加え、次世代型ハイブリッド車(HV)に使われる電源コネクターを中心に量産する。2022年4月期に32億円だった売上高を23年4月期に40億円、数年後に50億円ほどに引き上げる計画だ。

 新工場は本社敷地内に建設し…

あわせて読みたい