リニア見据え土地利用を研究 信州大、飯田で講座内容を説明

有料会員記事
共同研究講座のカリキュラムを説明した講演会

 信州大(本部・松本市)の小川総一郎特任教授(65)は9日、飯田市座光寺のエス・バードで講演した。同大が2023年4月にエス・バード内で開講する「ランドスケープ・プランニング共同研究講座」の教育内容を説明。自然や景観を保護しながらインフラ整備を進める土地の利用計画などを学べるとした。

 小川特任教授は、飯田下伊那地域は大小の水路が張り巡らされた地形が特徴とし…

あわせて読みたい