山村の鉄路、将来の姿は 小谷村の大糸線「人口減で利用者減…」「高齢化、免許返納後は…」

有料会員記事
到着した大糸線の始発列車に乗る村越さん(左)と鷲沢さん。2人の他に北小谷駅を定期利用する乗客はいない=8日午前7時5分、小谷村

 8日午前7時ごろ、北安曇郡小谷村の北小谷駅。大糸線に並行して走る国道148号には車が行き来するが、始発列車を待つホームには白馬高校(北安曇郡白馬村)3年…

あわせて読みたい