長野県内の中小製造業の経営動向調査 受注量DI、2・8ポイント低下

有料会員記事

 県産業振興機構(長野市)は、県内にある工業系の中小製造業200社を対象にした4月末時点の経営動向調査をまとめた。3カ月前と比べて受注量が「増加」した企業の割合から「減少」した企業の割合を引いた受注量DIは2・2で、前回(1月末)から2・8ポイント低下。同機構は「半導体不足や中国上海市のロックダウン(都市封鎖)などが自動車部品メーカーなどに影響している」とする。

 収益性が「向上」した割合から…

あわせて読みたい