斜面(6月16日)忍びの世界を学ぶ 【あとがき帳あり】

有料会員記事

信州は忍者と縁が深い地だ。戸隠流忍術、松本藩に仕えた芥川家、物語で活躍する真田の忍者―。14日の本紙も戦国武将の武田家から松代藩へ引き継がれた忍術を記す秘伝書が見つかって、学会に報告されると伝えていた。えっ学会?◆2018年設立の国際忍者学会は、三重大学が伊賀市に設けた研究センターに事務局を置く。今回の史料を発見した山田雄司教授が先駆けて忍者の研究を始めてから10年。まだ新しい学問領域だ。研究者の間では「キワモノ扱いされていた」と山田さん◆空想上の存在というイメージが強く、論文もほとんどなかったという。だが…

あわせて読みたい