しなの鉄道 土屋智則氏が社長就任 「安全設備に集中投資」【会見詳報あり】

有料会員記事
記者会見であいさつする土屋氏

県出資の第三セクターしなの鉄道(上田市)は15日、上田市で株主総会を開き、取締役3人を新任する人事案を可決した。総会後の取締役会で取締役経営戦略部長の土屋智則氏(61)を社長に選任。春日良太社長(68)は総会終了をもって退任した。

 県職員出身の土屋氏は南信州地域振興局長や健康福祉部長を歴任。2021年4月に同社に入り、春日氏と共に経営改善策づくりを担った。土屋氏は取締役会後の記者会見で「純損益は3年連続の赤字で大変厳しい状況。コロナ収束も…

あわせて読みたい