AC長野、つかみたい白星 19日、ホームで八戸戦

有料会員記事
3試合連続で終盤に失点している守備陣を引き締めるAC長野の池ケ谷(中央)

 サッカーJ3のAC長野パルセイロは19日午後4時から、長野市の長野Uスタジアムで八戸との第13節に臨む。9位のAC長野(勝ち点17)は直近5試合で3分け2敗と白星から遠ざかる。八戸(同10)は16位と低迷するだけに、何としても勝ち点3をつかみたい。

 AC長野は前節の愛媛戦で1・5列目に佐藤や森川ら3人を配置。攻撃に連動が生まれ、6試合ぶりの先制点を挙げた。ただ、13本のシュートを放ちながら1ゴール。今節は決定力を高めて複数得点を狙いたい。

 監督が交代した八戸は戦い方が読みづらい。15日の相模原戦は監督代行が指揮し、控えメンバー中心で勝利。今節が志垣新監督体制の初陣となる。これまでは3―4―3のシステムが多かったが…

あわせて読みたい