北信越高校総体・陸上(女子) 400障害・大鹿(佐久長聖)2冠目 やり投げ・倉田(伊那北)がV

有料会員記事
陸上女子400メートル障害 400メートルとの2冠を果たした大鹿愛和

■大鹿 インターハイまでにもっと技術上げたい

 「脚があんまり動いていなくて全然駄目だった」。女子400メートル障害を制して400メートルとの2冠を飾った大鹿は、レース内容と記録には不満げだった。

 風が比較的落ち着いた好条件だった。1分0秒台を目標にしていたが、序盤のハードル間を設定した歩数で走れなかった。スムーズに加速することができず、自己記録に0秒47届かなかった。

 小学4年から陸上を始め、100メートル障害や四種競技に取り組んだ野沢中時代には全国大会出場経験はなかった。佐久長聖では…

あわせて読みたい