相手のこと一番に考え工夫 ワイズ(長野市)山口莉子さん〈知りたい!信州の会社〉

有料会員記事

 建設関連ソフトウエア開発のワイズ(長野市)の情報システム部開発課に所属する山口莉子さん(23)は入社4年目。自治体が建設業者に発注する除雪作業の日報作成を自動化するシステムで、除雪車の稼働時間や作業金額を集計する機能の開発を担当する。「仕事相手のことを一番に考え、使いやすくなるよう工夫している」と言葉に力を込めた。

 中野市出身。ゲームが好きで、長野高専(長野市)電子情報工学科でプログラミングを学んだ。経験を地元で生かそうと県内企業の合同説明会に参加。除雪作業や工事写真の管理システムを開発するワイズを知り、「地域密着のシステムがある」と実感。ひときわ仕事熱心で、学生に親身な採用担当者にも引かれて同社を志望した。

 除雪管理システムは、GPS(衛星利用測位システム)のデータを基に除雪車の作業状況を記録。従来は手作業だった業者の日報作成や自治体への提出をシステム上で完結できる。自治体によって様式が異なり、要望に沿って集計機能を改修。必要な項目を一目で確認できるように色合いなどを整え、使い勝手を向上させている。

 2年目から採用や新入社員研修も担う。自分がそうだったように「この人が…

あわせて読みたい