北信越高校総体・女子三段跳び 牧内(市長野)痛み抱えつつ逆転V

有料会員記事
陸上女子三段跳び 6回目に11メートル85をマークして逆転優勝した牧内愛実

満身創痍(そうい)だった。両膝に厳重に巻かれたテーピングが現状を物語っており、女子三段跳びの牧内は「痛みで気持ちが乗っていなかった」と3~5回目の試技をパス。5回目の試技が終わった段階で4位につけ、「6本目に懸けて、決める覚悟だった」。そう腹をくくって最終6回目に臨んだ。

 助走から勢いよく入った跳躍は…

あわせて読みたい