注目のITチャンバラ「SASSEN」 中野市で教室始まる

真剣な表情で「1本」を狙う中野市のサッセン教室の参加者

■センサー内蔵の刀、スマホのアプリで勝負判定

 中野市壁田の柔道整復師、小林充人(みつと)さん(30)が今月、ITを使ったデジタルチャンバラ「SASSEN(サッセン)」の教室を市内で始めた。センサーを内蔵した専用の刀で戦い、どちらが先に当たったかはスマートフォンのアプリが判定。小林さんは、昔懐かしのチャンバラと今のIT技術がミックスされた面白さ、大人も子どもも親しめるルールの分かりやすさをPRし、県内での普及を目指す。

 15日、教室が開かれた市高社小学校体育館。「親子にお勧め」という前半のコースには…

あわせて読みたい