ハクババレーツーリズム 外国人客受け入れ再開で予想を上方修正

有料会員記事

■22~23年冬季 21万2000人

 北安曇郡白馬村、小谷村と大町市の10スキー場の観光誘客を進める一般社団法人ハクババレーツーリズム(白馬村、HVT)は、政府が今月から外国人観光客の受け入れを一部再開したことを受け、域内を訪れる外国人客の回復予測を上方修正した。新型コロナ禍前の2019~20年冬季には過去最多の37万5千人を集客。22~23年冬季は、その56%に当たる21万2千人まで戻ると見込む。

 新型コロナ下では域内を訪れる外国人は国内在住者に限られたため…

あわせて読みたい