俯瞰や透視…善光寺を斬新に描く 画家山口晃さんの絵、23日から長野県立美術館で展示

有料会員記事
さまざまな角度から描いた善光寺境内が入り交じる作品と山口さん(右)

 善光寺御開帳を題材に、画家の山口晃さん(52)=東京=が境内を描いた絵が23日から26日まで、県立美術館で展示される。縦162センチ、横130センチのキャンバスに、異なる角度から俯瞰(ふかん)した境内や周辺の街並み、いにしえの風景を織り交ぜた斬新な作風。22日、善光寺に奉納した。

 山口さんは2019年のNHK大河ドラマ「いだてん」の…

あわせて読みたい