何をしても構わない ユニークな「集中部」 伊那市のさくら国際高校 好きなことをしてつながろう

有料会員記事
肩を並べて15分間集中する「集中部」の部員たち

 伊那市荒井の広域通信制高校さくら国際高校(上田市)伊那キャンパスに通う生徒3人が部活動「集中部」を発足させた。活動内容は部員がそれぞれ好きなことに一定時間「集中すること」。ゲームや勉強、絵画制作など何をしても構わない。通信制で生徒同士の接触が少ないキャンパスで、同じ空間を共有しつつ自由な活動でつながりを生み出そうと模索している。

 ピピピピッ…。20日午後、タイマーが鳴って休憩に入ると、静まりかえっていたキャンパスの一室が一気に和んだ。「結構描いたな」「国語が難し過ぎる」。15分集中した内容を話し合いながら10分休み、また15分集中する。月に2回、このサイクルを1時間ほど繰り返す。

 この方法でもともと一緒に勉強をしていた3年の…

あわせて読みたい