参院選公示 3氏の第一声を分析 重きを置いた訴えは…

有料会員記事
傘を差して県区立候補者の街頭演説を聞く人たち=22日、諏訪市

 22日公示された参院選県区(改選数1)は、日本維新の会新人の手塚大輔氏(39)、自民党新人の松山三四六氏(52)、立憲民主党現職の杉尾秀哉氏(64)の3氏を軸とした争いになった。信濃毎日新聞は3氏の第一声を分析し、訴えの特徴を見た…

あわせて読みたい