古民家を空き家紹介拠点に 地域おこし協力隊員が挑戦中 長和町

依田さん(左端)が企画した床張りのワークショップ

 長和町の地域おこし協力隊の依田雛(ひな)さん(26)が、10年ほど空き家になっていた同町和田の築約70年の古民家(木造2階建て)を賃借し、活用を図っている。2024年2月の任期終了後に買い取り、民泊施設を開業することも考えている。この古民家の他にも町内に空き家は数多いことから、移住希望者に空き家情報を紹介する拠点にもしたい、と張り切っている。

 都市部で若者が一軒家を持つことは厳しいが、空き家の増加が問題となっている地方であれば可能ではないか―。そんな思いを抱いていた依田さんは昨年に神奈川県茅ケ崎市から赴任…

あわせて読みたい