書評「土を育てる」 (ゲイブ・ブラウン著、服部雄一郎訳) あえて「耕さない」という選択

有料会員記事

 今まで「土は耕すほど良くなる」と信じていた人にとって、この本は衝撃的かもしれない。なにしろ耕すことは土の健康にとって害だというのだ。「環境再生型(リジェネラティブ)農業」の基本は「耕さない(不耕起)」「雑草を生やす」「農薬も化学肥料も使わない」。米国では…

あわせて読みたい