SUYAMA(塩尻市)がコンテナハウス事業に注力 家具事業と相乗効果も期待

有料会員記事
SUYAMAが本社隣に設けたコンテナ宿泊施設のショールーム。27日に開業する

 オーダーメード家具販売のSUYAMA(スヤマ、塩尻市)は、コンテナハウスの自社ブランド「CARRY CUBE(キャリーキューブ)」を立ち上げ、販売に力を入れている。新型コロナウイルス禍で家具の売り上げが減る中でコンテナハウスに着目。27日に本社隣にショールームを開業する。

 同社は、家具・漆器の販売会社に勤めていた巣山純一社長が2009年に独立して設立。主に宿泊施設や飲食店から椅子や机などの注文を受け、中国とベトナムの提携会社で委託製造している。

 だが、新型コロナ禍で宿泊・飲食業が低迷し、家具の受注が激減。新規事業を模索し…

あわせて読みたい