〈ビジネス交差点〉綿半フレッシュマーケット(愛知・一宮市) グループで鮮魚に注力

有料会員記事
漁港から直送される鮮魚がずらりと並ぶ綿半魚類の鮮魚コーナー=愛知県一宮市

■漁港で買い付け、コーナー拡充

 綿半ホールディングス(HD、飯田市)傘下で、愛知県内で食品スーパーを展開する綿半フレッシュマーケット(一宮市)は今春、鮮魚に注力した「綿半魚類 一宮漁港」を一宮市起(おこし)に開店した。スーパーとして開業したが、競合の多さなどから苦戦。綿半グループが強化してきた漁港で直接魚を買い付ける仕入れ法で鮮魚コーナーを拡充したところ、商圏が広がり来店者が増えている。

 綿半フレッシュマーケットは、1950(昭和25)年創業のキシショッピングセンターが前身で、2015年に綿半HDが完全子会社化した。綿半魚類の前身のスーパーは20年に開店。今年3月に業態転換したところ、従来店と比べて平均来店者数が平日で…

あわせて読みたい