篠ノ井線松本―西条間120周年で特別車両 69~78年製の客車

有料会員記事
西条駅に向け松本駅を出発する特別車両

JR篠ノ井線が今月、開業120周年を迎え、JR東日本長野支社(長野市)は25日、塩尻―長野間で「篠ノ井線120周年号」の運行を2日間の日程で始めた。松本市の松本駅では記念セレモニーを開催。多くの鉄道ファンでにぎわう中、車両のヘッドマークをお披露目した。

 篠ノ井線は1902(明治35)年、松本―西条間で…

あわせて読みたい