AC長野 決定機生かせず 3試合ぶり黒星

有料会員記事
前半、ボールを奪い合うAC長野・水谷(中央)

「大差で勝つことは考えていないし、大差で負けることも想定していない」。AC長野のシュタルフ監督は入念な分析から1点を巡る攻防で勝ち切るシナリオを練り上げた。思惑通りのスコアになったが“勝負の1点”を手にしたのは5連勝中の勢いを持続した富山だった。

 序盤から富山の激しいプレスを受け…

あわせて読みたい