〈多思彩々 参院選〉国際秩序形成へ、積極外交を(一橋大大学院教授・市原麻衣子)

有料会員記事
 

 外交は票にならない―永田町で聞かれる言葉である。選挙民にとっての関心事は自らの生活に直結する問題であり、雇用や税などの経済対策が選挙の争点となりがちである。今回の参院選においても、物価高対策が一つの重要な争点になっている。しかし、今回は外交・安全保障が重要な論点である点が特徴的だ。自民党と共産党の選挙公約ではトップ、立憲民主党と公明党でも3点目に取り上げられている。ロシアのウクライナ侵攻を受けて…

あわせて読みたい