松本山雅の執念 上位対決を制す 首位に勝ち点差1

有料会員記事
松本山雅―いわき 後半7分、勝ち越しゴールを決め、雄たけびを上げる松本山雅の外山(中央)

 明治安田J3第14節最終日は26日、松本市のサンプロアルウィンなどで5試合を行い、松本山雅はいわきに2―1で逆転勝ちした。2試合ぶりの勝利で勝ち点28。2位いわきに勝ち点で並んだが、得失点差で3位のまま。首位の鹿児島には勝ち点差1に迫った。AC長野パルセイロは勝ち点20で10位。

 松本山雅は前節から先発2人を入れ替え、横山とパウリーニョが5試合ぶりに先発復帰。パウリーニョが中盤の底に入る3―5―2で臨んだ。

 前半39分に先制を許した松本山雅は同47分、小松が頭で落としたボールを外山が左足で決めて追い付いた。同点で迎えた後半7分、菊井のシュートの…

あわせて読みたい