「タイムライン」に沿って 長野市長沼で防災訓練

区長や市職員らが避難手順を確認した防災訓練

 2019年10月の台風19号で被災した長野市長沼地区の住民自治協議会は26日、大雨を想定した防災訓練を地区内で開いた。災害発生時の住民らの対応をまとめた「タイムライン」に沿った初の訓練。災害時に使う無線機が場所によって通じにくいといった課題も浮かび上がり、今後の備えに生かしていくとした…

あわせて読みたい