手作り力士、残った残った 南箕輪村で「巨大紙相撲大会」

熱戦が繰り広げられた巨大紙相撲大会

 地元小学生が手作りした高さ2メートルの紙人形で対戦する「巨大紙相撲大会」が26日、南箕輪村の大芝高原屋内運動場であった。伊那市、辰野町、箕輪町、南箕輪村の12チーム計約70人が参加。地元の好きなところをモチーフにして段ボール製の人形を完成させ、土俵で熱戦を繰り広げた…

あわせて読みたい