監護者性交事件、長野県が再発防止策 県議「情報提供に消極的」指摘も

有料会員記事
長野県庁=長野市

 県内の養護先で10代少女に性的虐待をした監護者性交罪などで男が実刑判決を受けた事件を巡り、県は27日の県会県民文化委員会で再発防止策を示した。児童相談所が少なくとも半年に1回程度、里親がいない環境で子どもと面談し、状況を確認。学校管理職向けの研修を行い、適切な対応につなげるとした。他には里親同士が…

あわせて読みたい