「置き配」バッグで二酸化炭素減らそう 諏訪市、実証実験モニター募集へ

有料会員記事
実証実験で使用する置き配用バッグ

 諏訪市が7月1日、自宅不在時に配達荷物を玄関先に置いてもらう「置き配」用バッグの実証実験(8月13日~12月30日)のモニター募集を始める。市は3月、2050年までに温室効果ガス排出量実質ゼロを目指す「ゼロカーボンシティ宣言」をしている。配送業者の再配達回数を減らし、二酸化炭素(CO2)の排出量削減を目指す試みに市民の協力を呼びかける。 モニターの市民に配るバッグは…

あわせて読みたい