松本城 もとは周囲より約10メートル高かった 松本市教委の調査で判明

有料会員記事

 松本市の国宝松本城が、もともとは周囲より10メートルほど高い場所に築かれていたことが28日、市教育委員会の調査で分かった。これまで平地に築かれたと考えられており、市教委は「城の成り立ちを明らかにする重要な発見」。自然の地形を生かして周囲の堀などを造り、守りを固めていたとみられる。

 市教委が2020~21年に実施した耐震調査の一環で、地盤のボーリング調査や表面波探査を行い、判明した。城から堀に向かって…

あわせて読みたい