参院選への訴え 信州ハム(上田市)社長の宮坂正晴さん 食料安全保障の議論期待

有料会員記事
信州ハムの宮坂正晴(みやさか・まさはる)社長

■【信州経済の視座から】②

 ―世界情勢や為替などの変化で、事業はどんな影響を受けているか。

 「ハム・ソーセージの原料の豚肉は9割を輸入し、乾燥卵白など他の原料や包装資材も輸入が多い。豚肉の価格は、生産が盛んな中国や東南アジアで豚熱(CSF)が流行した2018年以降、高止まりが続く。今年2月のロシアのウクライナ侵攻で豚の飼料価格が上昇しており、今後も値上がりが予想される」

 「さらに、急激な円安が生産コストを引き上げている。欧州から輸入する乾燥卵白は21年10月に比べ現在は2倍になるなど、短期間で高騰する原料が出てきた。電気・ガス料金は今年5、6月に前年同月比で…

あわせて読みたい