長野県農協中央会総会 神農新会長が就任

有料会員記事
県農協中央会長に就任した神農氏(手前)と副会長の千国氏

 県農協中央会は29日、長野市で通常総会を開き、伊藤茂会長(72)=松本ハイランド農協会長=が任期満了で退任し、後任にグリーン長野農協の神農(しんのう)佳人前組合長(64)が就任した。御子柴茂樹副会長(72)=上伊那農協前組合長=も退任し、後任にあづみ農協の千国茂組合長(70)が就いた。任期はともに3年。

 就任後の記者会見で神農会長は「コロナ下の農畜産物の生産、販売対策や、生産資材高騰対策はすぐにでも実施しないといけない」と強調。千国副会長は「それぞれの農協や組合員が活動しやすい環境づくりをする」と述べた。

 神農氏と千国氏は…

あわせて読みたい