ポスター掲示板の製作業者にとって 参院選はどんな選挙 【経済つくるゲンバ】シナノスクリーン工芸(後編)

有料会員記事
県庁前交差点の掲示板。公示後、立候補者のポスターが貼られ、街は選挙ムードに

10日に投開票が迫った参院選。選挙用ポスター掲示板の製作で繁忙を極める看板業「シナノスクリーン工芸」(千曲市)に5、6月と訪ねた。日中は、光るチームワークで大量の掲示板を次々と組み立てた。パネルの印刷作業の様子を見せてもらうため、夜になり再び工場を訪ねた。

(松沢佳苗)

■看板工場の「夜の顔」―5月27日午後7時

 すっかり日が沈んでから工場を再訪すると、中からアップテンポな音楽が聞こえてきた。昼間とは違い、うっすらとインキのにおいがしている。従業員の半数ほどが夕方に退社し、人手が少なくなる夜間は、翌日以降の組み立てに使うパネルの印刷作業をこなす。

 真っ白いパネルの表面をふわふわのモップで拭いて、ほこりを払ってから印刷機へ。ものの数秒で…

あわせて読みたい