小泉今日子さん(俳優・歌手) 声上げる たとえ「小石」でも〈山ろく清談〉記者のこぼれ話あり

有料会員記事
小泉今日子さん

 本格的に本を読むようになったのは、16歳でデビューしてからです。テレビ局での待ち時間に大人たちが声をかけてくれるのですが、本音はちょっと面倒くさかった。ある日たまたま本を読んでいたら、「そっとしておいてあげよう」というムードになったのです。それ以降、空いた時間は読書をして過ごし、同時に「話しかけないでね」という意思表示の小道具として本を使いました。エッセーから純文学まで、幅が広がりました。

 勉強は嫌いでしたが…

あわせて読みたい