長野県議補選 上伊那郡区 あす投開票

長野県議補選・上伊那郡区の立候補者(右から届け出順)

 自民党県議の死去に伴う県議補選上伊那郡区(欠員1)は知事選と同じ7日、投開票される。前辰野町議の瀬戸純氏(56)=共産党、辰野町赤羽=と、会社員の原健児氏(57)=無所属、箕輪町松島=の新人2人が立候補。6日もそれぞれ街頭などで支持を訴える。

 瀬戸氏は、学校給食費の無償化による子育て支援の強化や地域の渋滞解消などを主張。2期7年の町議経験や女性の視点をアピールし、党の支援を受けながら地域を小まめに回って支持拡大を図る。

 原氏は、安全な通学路整備や三遠南信道の開通を見据えた企業誘致の促進などを掲げる。ボランティア経験による市民との距離の近さを強調。個人的なつながりによる運動で郡全域への浸透を目指す。

 7月28日時点の有権者数は6万7879人(男3万3384人、女3万4495人)。

あわせて読みたい