【独自】職場の熱中症死傷者、全国148人 「過去最大級」 7月速報値、2022年比32人増

 全国の職場での熱中症による死傷者(休業4日以上、速報値)が7月は148人となり、昨年より32人多かったことが30日、長野労働局への取材で分かった。このうち死者は11人で、3人増えた。人数は「過去最大級」(健康安全課)という。8月も猛暑が続き、9月に入ってからも厳しい暑さが続くとの見通しもあり、厚生…

あわせて読みたい