H3CのWi-Fi 7がInterop Tokyo 2022でBest of Show Awardのグランプリを受賞

 
H3C Wi-Fi 7がInterop Tokyo 2022でBest of Show Awardグランプリを獲得

AsiaNet 96636

【東京2022年6月28日PR Newswire】東京で開かれていた日本最大の情報通信技術(ICT)展示会のInterop Tokyo 2022(以下「Interop Tokyo」)が6月17日に閉幕した。H3CのAIネイティブWi-Fi 7 AP製品、WA7638がモバイルコンピューティング(WiFiなど)部門でBest of Show Awardのグランプリを受賞し、研究開発(R&D)の優秀さと高い技術性能を証明した。

Interop Tokyoの最高賞であるBest of Show Awardのグランプリは、最終選考に残った数百の候補の中から、ICT専門家と評論家による権威ある審査員団が製品の革新性と商業的価値を評価し、最も優れた製品を選出する。H3CのAIネイティブWi-Fi 7 AP WA7638は、Interop Tokyo実行委員会から高い評価を得た。独自のiRadio、iStation、iEdge、iHealの技術を活用したこの製品は、ワイヤレス能力の限界を超えて超高速・超低遅延を実現し、さまざまな産業のユーザーにまったく新しいスマートで高速なネットワーク体験を提供する。

H3C Wi-Fi 7 APは、クラウドネットワークエッジの相乗効果を通じたiRadio、iStation、iEdge、iHeal技術によって、無線周波数(RF)管理、端末アクセス、サービス保証、ネットワーク修復を含む幅広いインテリジェント機能を提供して、顧客のインテリジェントな運用・保守(O&M)サービスを強化する。この製品は、チャンネル利用率を56%、端末アクセス効率を33%向上させ、伝送チャンネル数を220%増やし、ネットワーク全体のO&M時間を30%短縮することができる。これによってワイヤレスネットワークのR&Dの限界を超えるのに成功した。

H3CのBest of Show Awardグランプリ受賞は、その優れた技術力の表れでもある。H3Cは、クラウド&AIネイティブ戦略に基づいて革新を続け、世界中の顧客とパートナーにより優れたデジタル製品とソリューションを提供してゆく。さらにH3Cは、デジタル経済のグローバルなトレンドに合わせて、エコロジカルな資源と技術を拡大し、世界中の顧客、パートナーとともにデジタル未来を形づくる努力を継続する。

ソース:H3C

添付画像リンク:
Link: http://asianetnews.net/view-attachment?attach-id=423862
(画像説明: H3C Wi-Fi 7がInterop Tokyo 2022でBest of Show Awardグランプリを獲得)
Link: http://asianetnews.net/view-attachment?attach-id=423864
(画像説明:Interop Tokyo 2022の公式ウェブサイトが授賞結果を発表)

(日本語リリース:クライアント提供)

 

あわせて読みたい