• 震災と文学⑦ 忘れていないと伝えたい

     東日本大震災があった2011年の秋に仕事で東北に行く機会があり、地元の人に宮城県名取市の沿岸部に連れて行ってもらいました。見渡す限り津波に流され、住宅の基礎部分しか残っていない光景を見て「日本国民全員ここに来なきゃ駄目だ」と思いましたね。

    馳星周さん。「震災の時は仕事部屋で本棚を抑えるくらい揺れた。テレビを見て、本当に大変なことになったと思った」と振り返る。
  • 震災と文学⑥ 忘れぬよう いつも心の中に

     東日本大震災は津波の被害が非常に大きかったことに加え、原子力発電所の水素爆発が起こりました。原発事故が発生し、自分がこの日本の成り立ちについて分かっていなかった、原発というものについてあまり考えてこなかった―と振り返らざるを得なかった。

    川上弘美さん。「私の小説はごく日本的なものと思って書いてきたけれど、外国でも読んでくれる人がいることに驚くし、希望を持つ」と話す
  • 震災と文学⑤ 亡くなった人たち見ている

     東日本大震災を経験してから、短歌の表現を工夫したり、こねくり回したりということができなくなりました。「こういうふうに表現してもいいかな」と書いてみるのですが、「そんな気取った表現は駄目」と短歌に言われる。自分から出てきたままの表現でないと生理的に受け付けないのです。

    「多くの人に被災地に足を運んでもらい、震災を実感してもらいたい」と話す梶原さい子さん
  • 震災と文学④ 生者と死者の声 拾い上げる

     福島第1原発事故により福島県大熊町や浪江町などには今もまだ人の住めない地域があります。津波で人が亡くなっても、新しい家族をつくったり、他の土地から人が移住してきたりして復興できます。原発事故後の福島には簡単に復興できなくなってしまった時間を感じ、詩に書くべきだと思いました。

    詩集「日録」を発行した森川雅美さん。「詩には鎮魂の力がある。たくさんの人が亡くなり、詩人として無視できないと思った」と震災発生当時を振り返る
  • 震災と文学③ あの日に向き合うしかない

     俳人仲間たちに励まされて2012年に出版した第5句集「龍宮」は、津波で無念の死を迎えざるを得なかった人々への鎮魂の思いを込めた震災詠を中心に編みました。1月発表の第6句集「泥天使」は、時がたち東日本大震災直後の生々しさが引けて、残った上澄みを詠んだようなイメージの世界になりました。

    勤務する岩手県北上市内の高校で、震災に向き合い続けた10年を振り返る照井翠さん
  • 震災と文学② 今しかない自然の捉え方を

     2013年夏、知人の紹介で福島県いわき市や富岡町、楢葉町などを訪れ、たくさんの人の話を聞きました。  江戸時代から住んでいた祖先の墓の近くに住めなくなりアイデンティティーが失われる。その感覚は、東京生まれの私にはないものでした。

    昨年9月にベルリンのドロテーエンシュタット墓地を訪れた多和田葉子さん(撮影は㊤㊦ともElena Giannoulisさん)
  • 震災と文学① 「眠っていた自分」への怒り

     戦後最悪の災害となった2011年3月11日の東日本大震災から間もなく10年になる。発生後、津波被害や福島第1原発事故を題材にした文学作品が数多く発表されてきた。震災に向き合い、言葉を紡いできた作家らは今をどう捉えているのか、創作活動や社会に対する思いを語ってもらう。

    多和田葉子さん(本人提供)
  • 人の姿と恐ろしさと希望 松本で串田和美演出「真冬のバーレスク」

     夢か現実か。人間の姿と底知れぬ恐ろしさ、希望がそこにある―。松本市のまつもと市民芸術館芸術監督の串田和美(78)が演出し、音楽と踊り、演劇で織りなす「真冬のバーレスク ボードビル3部作」が17~22日、市内の信毎メディアガーデンで上演される。

    出演する串田和美(左)と吉野圭吾。稽古について串田は「無言の会話や存在から発せられる周波数をくみ取ることに苦労しているが、こうした状況からつかみ取れるものもある」=4日、松本市
  • 権力機関の危険性 自覚あるか 〈ジャーナリスト・青木理さん〉

     小諸市出身のジャーナリスト青木理さん(54)は、緊急事態宣言の発令や、入院拒否などに罰則を科す改正法を巡り、一貫して私権の制限に反対してきた。そこには公安警察など国家権力の奥深くに迫る取材に裏打ちされた思索がある。新型コロナウイルスの大波に揺れる社会の中で、立ち止まって考えたい。

    〈あおき・おさむ〉1966年、小諸市生まれ。90年に共同通信入社。社会部、外信部、ソウル特派員などを経て2006年にフリーに。主な著書に「日本の公安警察」「日本会議の正体」「安倍三代」など。
  • 新型コロナ・表現のいま〈手塚真監督〉 どう生きる 今の時代に問う

     不安を抱えながらも逃げ場のない苦しさ、怖さがある中でどう生きていくのか。坂口安吾の小説をヴィジュアリストの手塚真(59)が実写化し、1999年に公開した映画「白痴」のデジタルリマスター版が30日から長野、上田、松本市で相次いで公開される。

    手塚家は信州に縁が深く、ルーツは平安時代に木曽義仲と一緒に戦った武将の手塚太郎光盛。「先祖のいた土地を感じるためにだいぶ通いました。木曽義仲を中心にした話の映画を作りたい」と話す=13日、長野市
  • 1