長野県のニュース

松本空港―札幌丘珠空港線、FDAが期間限定で就航

札幌丘珠空港から到着後、歓迎を受けて記念のスイカをもらう利用客=8日、松本市の県営松本空港札幌丘珠空港から到着後、歓迎を受けて記念のスイカをもらう利用客=8日、松本市の県営松本空港
 フジドリームエアラインズ(FDA、静岡市)は8日、県営松本空港(松本市)と札幌丘珠(おかだま)空港(札幌市)を結ぶ新路線を、今月31日までの期間限定で就航した。松本空港発着の新路線開設は2010年10月の静岡線(11年3月廃止)以来。帰省客や観光客が乗り込み、信州と北海道を結ぶ新たな空の旅を楽しんだ。

 初便の機体はピンク色の小型ジェット機「エンブラエル175」(84席)。新路線は1日1往復で、この間、松本空港と北海道を結ぶ空路は、新千歳空港(千歳市)発着の既存路線を含め1日2往復になる=表。

 松本空港での就航記念セレモニーにはFDAや県、地元自治体の関係者が出席。降り立った乗客に記念品を手渡した。FDA広報によると、札幌(新千歳)線は夏場の利用が好調で、県や松本市から夏季の増便要請があった。新千歳空港は発着枠に余裕がないことから、札幌丘珠空港を使うことにした。

(8月9日)

長野県のニュース(8月9日)