長野県のニュース

あす「山の日」 県内各地で登山の魅力発信

 3年目を迎える国民の祝日「山の日」の11日、県内で山岳風景や登山の魅力を発信する多くのイベントが催される。北アルプス上高地(松本市安曇)では、山の日にちなみコンサートなどを楽しむ「四方山(よもやま)祭りin上高地」が開く。自然を楽しむ催しが盛りだくさんだ。

 「四方山祭り」は環境省と松本市、上高地町会などが主催。上高地ビジターセンター前のステージでヨーデル歌手の北川桜さんらが歌い、田代橋から同センターまで巡るクイズラリーがある。

 北安曇郡白馬村でスキー場を運営する五竜は、小遠見山へのトレッキングツアーを企画。氷河と認定されたカクネ里雪渓(大町市)を見る。10日まで予約を受け付け、人数次第で締め切る。白馬観光開発は、同村の「白馬岩岳MTBPARK」で、マウンテンバイクを利用する女性のゴンドラ料金を半額にする。

 長野市の飯綱高原では大座法師池周辺を巡るノルディックウオーキングの催しがある。3、5、7キロのコースがあり、定員に空きがある。午前9時から、無料。問い合わせは信州ノルディックウオーキング協会の清水さん(電話090・4363・3785)へ。

 中野市や飯山市などに裾野が広がる高社山では「高社山フェスティバル」が開かれる。中野市夜間瀬川中央河川公園にカヌーやマウンテンバイクを用意し、焼いたエリンギやエノキタケを振る舞う。

 中央アルプスや浅間山、烏帽子岳、入笠山、八ケ岳連峰でも登山体験や星空観察会などがある。

 また、2014年の御嶽山噴火以降、営業していなかった山小屋「二の池新館」は11日、「二の池ヒュッテ」と名称を変えて営業を始める。

(8月10日)

長野県のニュース(8月10日)