長野県のニュース

住民グループ 今回は終結へ 諏訪湖周3市町合併の動き

 岡谷市、諏訪市、諏訪郡下諏訪町の市町村合併を目指し、法定合併協議会の設置を発議した住民グループの代表で下諏訪町議の岩村清司氏は11日、合併を目指す今回の動きを終結させると明らかにした。合併協設置議案が議会で否決されても、有権者の6分の1以上の署名を集めると合併協設置の是非を問う住民投票を実施できるが、同グループは同法で定められた期限の11日までに署名集めの申請をしなかった。

 住民グループは4、5月に3市町で有権者の50分の1を上回る署名を集め、法定合併協設置を発議。各市長は8月20日に一斉に開かれた3市町議会の臨時会に設置議案を提出したが、いずれも賛成少数で否決された。

 同法によると、議会で否決されても、各市町で有権者の6分の1を上回る署名を集めると合併協設置の是非を問う住民投票が可能。だが、今回はいずれの市町からも署名集めに必要な申請がなかった。

 岩村氏は「署名集めをしても、3市町の住民投票で過半数に達するか不明で、今回は見送った。来春の統一地方選挙で行われる市町議員選で改めて是非を問い、民意を明らかにしたい」と話した。

(9月12日)

長野県のニュース(9月12日)