長野県のニュース

「寝込まず健康」の願い込め ネコまんじゅう好評 伊那

愛らしい表情のネコまんじゅう。ピンク模様の栗あん入りは今年からお目見えした愛らしい表情のネコまんじゅう。ピンク模様の栗あん入りは今年からお目見えした
 伊那市坂下の老舗和菓子店「菊香(きっか)堂」が、敬老の日(17日)にちなみ、寝込まず健康で暮らせるように―との願いを込めた「ネコまんじゅう」を販売している。こしあんと栗あんを使った紅白があり、一つずつ表情が違う愛らしい猫に仕上げている。

 店主の赤羽政治さん(58)が、昨年の敬老の日に合わせて客が楽しめる商品を考え、初めて売り出した。子どもから大人まで好評だったことを受け、昨年のこしあん入りに加え、今年は皮に薄ピンクの模様を付けた栗あん入りも作ることにした。

 まんじゅうは、自家製のあんを山芋と米粉を混ぜた皮で包んでいる。もちもちした食感と甘過ぎないあんが特徴。猫の目やひげは焼きごてを使った手書き。赤羽さんは「手作りの面白さが伝わり、ほほ笑んでもらえたらうれしい」。店を訪れた伊那市の70代の女性は「ユニークな名前に引かれて買いに来た。『寝込まない』ように頑張らないと」と笑顔だった。

 18日以降も販売予定だが、予約を勧めている。こしあんの「白」は1個180円(税込み)で、栗あんの「紅」は200円(同)。問い合わせは菊香堂(電話0265・72・2751)へ。

(9月12日)

長野県のニュース(9月12日)