長野県のニュース

御嶽海関の大関とり、都内からエール 銀座NAGANOに手作り星取表

銀座NAGANOが店頭に設けた御嶽海関の星取表。13日も星が一つ増えた=東京・銀座銀座NAGANOが店頭に設けた御嶽海関の星取表。13日も星が一つ増えた=東京・銀座
 東京・銀座にある県情報発信拠点「銀座NAGANO」が、大相撲関脇の御嶽海関(本名・大道久司、木曽郡上松町出身)の星取表などを店頭に置いている。開催中の秋場所で大関とりが懸かる御嶽海関は13日も勝ち、序盤は5戦全勝。星取表には「勝ち星」の金色の飾りがびっしりと並び、足を止める来店客もいた。

 「おお、勝った」。御嶽海関がこの日、上位の大関栃ノ心関を破ると、店舗上の事務所内にいたスタッフの歓声が沸き起こった。スタッフの1人が早速、店頭の星取表の星を一つ増やし、にっこりと笑顔を浮かべた。

 通行人の目を引こうと、昨年から場所中に星取表を置いている。店頭にはほかに、番付表、御嶽海関の手形、活躍を伝える信濃毎日新聞紙面も並ぶ。外国人観光客が御嶽海関の写真を見て足を止め、店内に入ることもあるといい、スタッフらは「御嶽海効果」を実感している。

 「初優勝後で真価が問われる場所だ」「大関昇進(の目安)まであと6勝」―。事務所ではこの日、御嶽海関を巡るスタッフの会話が弾んだ。小山浩一所長(51)は「銀座NAGANOのアピールにもつながれば」と、御嶽海関のさらなる活躍に期待していた。

(9月14日)

長野県のニュース(9月14日)