長野県のニュース

8月の「信州総文祭」延べ16万人余が来場

 県教委は11日、8月に県内で初めて開いた全国高校総合文化祭「2018信州総文祭」の開催結果を、県会文教委員会で報告した。参加者と観覧者数を合わせた来場者数は延べ16万7751人に上り、滋賀、広島、宮城各県で開いた直近の3大会の来場者数を上回った。経済波及効果は約17億円に上ったとした。

 信州総文祭は8月7〜11日、文化系の活動に取り組む全国の高校生が28部門に分かれ、県内17市町の会場で日頃の活動の成果を披露した。

 県教委全国高校総合文化祭推進室によると、国内外の高校延べ3403校から生徒延べ6万7415人が参加し、観覧者は延べ10万336人だった。同室は、企画・運営に携わった高校生の自主性や協働性の向上、高校文化部の活性化、経済波及効果といった成果があったとした。

(10月12日)

長野県のニュース(10月12日)