長野県のニュース

野球BCリーグ 信濃の新監督に柳沢氏就任へ 初の県内出身

 プロ野球独立リーグ、BCリーグの信濃グランセローズの新監督に、今季まで楽天の2軍バッテリーコーチを務めた柳沢裕一氏(47)が就任することが2日、分かった。柳沢氏は松本市出身で、県内出身者が監督を務めるのは初めて。球団は近く正式発表する。柳沢氏は同日、取材に「地元出身で初めて監督を任され、意気に感じている。優勝できるチームをつくっていく」と意気込みを語った。

 柳沢氏は松商学園高校(松本市)、明治大で捕手として活躍し、1994年にドラフト2位で巨人に入団。99年にオリックス、2001年に中日に移籍し、06年に退団した。通算204試合に出場し、67安打、1本塁打、17打点。16年から楽天の2軍バッテリーコーチを務めた。

 信濃は今季、リーグ2連覇を目指して臨んだが、前後期とも優勝を逃した。本西厚博監督(56)の退団決定後、球団は西地区3位の4・75と低迷した防御率の改善を託せる人材を探し、県内出身でNPBでの指導経験もある柳沢氏に就任を打診した。

 信濃の竹内羊一球団社長は「今季の課題だったバッテリー陣の強化において適任の指導者」と強調。「県内出身者として、球団が地域に根差す活動の先頭にも立ってほしい」と話している。

(11月3日)

長野県のニュース(11月3日)