長野県のニュース

JR東日本社長、あずさ回数券廃止「理解を」

 JR東日本の深沢祐二社長は6日の記者会見で、中央東線の特急で使用できる「あずさ回数券」を来春に廃止する方針について、スマートフォンなどで改札を通れる「チケットレス」化を見据えた措置だと説明した。回数券愛用者に対しては「ぜひご理解をいただきたい」と述べた。

 同社は来春から、中央東線の特急の普通車全席で座席指定ができるようにして自由席を廃止する。合わせてスマホや携帯電話で事前に特急券を購入し、駅で券を受け取らずに乗車できるチケットレス化を導入。あずさ回数券も廃止する方針だ。深沢社長は「指定席に対する志向が高まっている」と指摘。その上で、自由席の廃止は早くからホームに並んだり、途中駅で空席を見つけにくかったりする課題の解消が目的だと強調した。

 また、台風や大雪など荒れた天候に備え、事前に運転取りやめを決める「計画運休」に関し「できるだけ早く知らせることにしっかり取り組みたい。前日も含めて検討したい」と説明。今後、取りやめ前日に実施を公表することもあり得るとの考えを示した。

(11月7日)

長野県のニュース(11月7日)