長野県のニュース

西藤「もう一度、日本一に」 全日本フェンシング

記者会見後の記念撮影でポーズをとる男子フルーレの西藤俊哉(後列右から2人目)ら有力選手記者会見後の記念撮影でポーズをとる男子フルーレの西藤俊哉(後列右から2人目)ら有力選手
 6日に開幕するフェンシングの全日本選手権に出場する有力選手が5日、東京都内で記者会見に臨み、男子フルーレで2連覇を目指す西藤俊哉(法大・上伊那郡箕輪町出身)は「もう一度、日本一になって来年始まる五輪代表レースにつなげたい」と抱負を語った。

 西藤は昨年、世界選手権で個人銀メダルを獲得した勢いで全日本選手権を初制覇。しかし、今年の世界選手権は決勝トーナメント初戦で敗れ、ジャカルタ・アジア大会も8強止まりと不振が続く。「海外勢からマークされるようになった。でも、(強くなるためには)こういう1年も必要と思える経験もあった。今大会で新しい西藤俊哉を見せたい」と復活に自信を見せた。

 今大会は準決勝までを東京・駒沢体育館で開催し、9日の決勝は劇場の東京グローブ座で行う。会場を盛り上げる様々な演出が予定されており、決勝のチケットは完売。11月のワールドカップ(W杯)で優勝した男子エペの見延和靖(ネクサス)は「五輪もたくさんの観衆の前で試合をするので、そこに向けて良い経験になる」と歓迎した。

(12月6日)

長野県のニュース(12月6日)