長野県のニュース

飯田OIDE長姫高生のテックレンジャー、長野で園児と交流

記念写真撮影のため、園児を抱っこするテックレンジャーたち記念写真撮影のため、園児を抱っこするテックレンジャーたち
 飯田OIDE長姫高校(飯田市)のコンピュータ制御部員が演じる「高校戦隊テックレンジャー」が26日、長野市山王保育園を訪れ、園児たち約110人と交流した。テックレンジャーは11月、若者の地域貢献をたたえる「未来をつくる若者・オブ・ザ・イヤー」で最高賞の内閣総理大臣表彰を県内で初めて受けたばかり。園児たちと握手を繰り返し、抱っこして記念写真に納まった。

 衣装を着た女子部員4人が登場すると、待ち構えた園児たちに笑顔が広がった。手を振って歓声に応え、1人ずつ役名を呼ばれてポーズを決めた。部員たちで作ったレンジャーのポスターも配布。園児たちからは、紙粘土で作ったメモスタンドを贈られた。

 年少の横田幸来(さら)ちゃん(4)は「顔やスカートがかわいかった。これからも応援したい」。4人のうち「テックガーネット」役で副部長の3年宮崎星来(せいら)さん(18)は「(飯田から)ちょっと離れた長野の子どもたちが『テックレンジャー』と呼んでくれてうれしかった」と話した。

 部員たちはこの日、近くの県庁も訪ね、県教委の原山隆一教育長に表彰を報告した。

(12月27日)

長野県のニュース(12月27日)