長野県のニュース

新設の航空指導幹に県が辞令交付 ヘリ操縦士の育成に意欲

航空指導幹の辞令交付を受ける曽我さん(右)航空指導幹の辞令交付を受ける曽我さん(右)
 県は4日、県消防防災航空センター(松本市)でヘリコプターのパイロットを養成する「航空指導幹」として1日付で採用した曽我太さん(48)に辞令を交付した。航空指導幹は、搭乗者9人全員が死亡した2017年3月の県消防防災ヘリコプター墜落事故を踏まえて新設したポスト。曽我さんはパイロットとして勤務しつつ、パイロットの育成指導に当たる。

 曽我さんの採用により、県消防防災航空隊のパイロットは県職員が2人、民間から派遣を受けている2人の計4人に。事故後、県が安全対策として実施している、機長席と副操縦席に操縦士が搭乗する「ダブルパイロット制」の実施に向けた態勢強化にもつながる。

 阿部守一知事はこの日、長野市の県庁で曽我さんに辞令を手渡し、「今まさに消防防災航空体制の再建に取り組んでいる。これまでの経験を存分に生かし、空から県民の安心、安全を守るために全力を挙げてほしい」と求めた。曽我さんは取材に「責任の重さを痛感している。決められたことをしっかりできるパイロットを育てたい」と述べた。

 曽我さんは北海道出身。これまで道警本部航空隊のパイロットや、国土交通省航空局運航安全課で操縦免許の合否を判断する航空従事者試験官を務めてきた。

(1月5日)

長野県のニュース(1月5日)