長野県のニュース

冷え込み今冬一番 菅平で氷点下23・9度 全国最低

この冬一番の冷え込みで凍結した道路=10日午前7時47分、長野市上千歳町この冬一番の冷え込みで凍結した道路=10日午前7時47分、長野市上千歳町
 冬型の気圧配置の影響で日本列島は10日朝、各地でこの冬一番の冷え込みとなった。県内も強い寒気と放射冷却の影響で、上田市菅平で氷点下23・9度となり、全国926観測地点の中で最低を記録。県内30観測地点のうち、木曽郡木曽町の開田高原で同17・4度、白馬で同16・7度、長野で同9・5度、松本で同8・9度など24地点で今季最低となった。

 長野市上千歳町の道路は、前日までに降った雪が踏み固められ、厳しい冷え込みで凍り付いていた。午前7時半を過ぎると市街地にも朝日が差し込んで氷が光って見え、通勤先などへ向かう人たちは足元を気にしながら避けて歩いていた。

 長野地方気象台によると、11日も県内は冬型の気圧配置となるが、午後は次第に高気圧に覆われ、寒さは緩む見通し。同日朝の予想最低気温は長野と松本が氷点下3度、諏訪と軽井沢が同4度、飯田が同1度。

(1月10日)

長野県のニュース(1月10日)