長野県のニュース

御代田で「寒の水」男衆威勢良く

気合を入れながら手おけで水をかぶる若者たち気合を入れながら手おけで水をかぶる若者たち
 「大寒」の20日、御代田町草越(くさごえ)で五穀豊穣(ほうじょう)や無病息災を祈る「寒の水」(県無形民俗文化財)があった。雪が降りしきる中、県内外から参加した赤いふんどし姿の「水行者」の男衆53人が威勢良く水を浴び、肌を真っ赤にしながら集落内を駆け巡った。

 午後6時ごろ、男衆はわらで作った冠「兎巾(ときん)」をかぶり集会所の前に置かれた大おけから手おけで水をすくい、「よいしょー」の気合と共に冷水を浴びた。その後、同様におけが用意された5カ所を巡って水をかぶり、最後は熊野神社に兎巾を奉納。「よく頑張った」とねぎらう声も上がった。

(1月21日)

長野県のニュース(1月21日)